寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

人事

厚生年金加入、70歳以上も

人生100年時代、を前提にしたしくみづくりが そろそろ本格化してくるのでしょうか。 代表例がこの年金制度かもしれません。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 現在は70歳未満が加入している厚生年金保険…

脱・年功序列が加速?

本日は昨日採り上げた日経新聞の記事に続いて掲載された記事を採り上げます。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 優秀な若手を巡っては、業種の垣根を越え、グローバルでの争奪戦となっている。初任給の処遇や待遇で見劣…

若手争奪、攻めの賃上げ

学校業界ではまだまだ圧倒的に多い「年齢給」。 年齢が上がると給与が上がるのは年齢給のひとつの特徴です。 ただ昨今、「それが本当に公平なのか?あるべき姿なのか?」 という疑問を感じている学校・幼稚園が増えているのも事実です。 年功序列型賃金制度…

「スパルタ」にも納得感

連休も終わりましたね。 新年度、新学期が始まってようやく慣れたところでの大型連休ということで、 職場や学校、幼稚園ではいわゆる「五月病」の症状も出始めているかもしれません。 世代の違う仲間たち、子どもたちにどう向き合うのか。 この記事はそんな…

オリエンタルランドの賃金施策

人手不足をいかに解消するか。 各企業も知恵比べを加速させていますね。 あの人気企業もこんな新たな取組を始めたようです。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) オリエンタルランドは1日、2018年度の東京…

セミナー開催報告 おもしろければ生徒は集まる

いよいよ2019年度学校経営セミナーがスタート。 初回を先週、4月18日(木)に開催させていただきました。 年度初めのお忙しい時期にもかかわらず、 お申込み、ご出席いただきました皆様にまずは感謝申し上げます。 今回はいつもとは少し趣向を変えて、 学校の…

ニッポンの賃金水準、世界に劣後

国内の賃金水準はこの20年で1割くらい下がっている、 という報道がありました。 先月の日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 日本の賃金が世界で大きく取り残されている。ここ数年は一律のベースアップが復…

「週60時間以上」5%以下に 労働時間で政府目標

先週の日本経済新聞にこんな記事が掲載されました。 2日連続の労務関連の情報提供となりますが お許しください。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 政府は2020年までに週60時間以上働く人の割合を5%以下にする目標を掲…

働き方改革法施行

この4月から働き方改革法が施行されましたね。 いくつかの点で学校法人にも影響があります。 すでにご対応いただいていることと思いますが、 内容がうまくまとめられた記事を見つけましたので、 今日はご参考までに採り上げさせていただきます。 日経新聞よ…

大卒内定率最高の91.9%

少し時間が経ってしまいましたが、 2月1日時点の大卒内定率に関するニュースです。 就職は売り手市場が続いているようですね。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 文部科学、厚生労働両省は18日、2019年…

女性学長1割どまり

女性の登用が叫ばれて久しいわけですが、 学校ではそれがあまり進んでいない印象が強いです。 大学の学長ともなるとその数は…? 問題意識をお持ちの女性学長のお話です。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください…

不足の保育士、M&Aで確保

保育士不足が深刻な昨今。 民間企業ではM&Aをその解決手段とするケースが現れているようです。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 人手不足が深刻な保育を中心とする労働集約型産業でM&A(合併・買収)が…

コンビニ 「24時間」転機

以前、牛丼チェーンで「ワンオペ」というのが話題になりました。 人手が特に足りない深夜の時間帯に、一人で店を切り盛りする、 というものですが、店舗運営としていかにも危険性が高いですよね。 そして先般から問題になっているのがコンビニです。 少し以…

中小企業の2割、今春入社の新卒採用できず

人材採用の難しさは大企業よりも中小企業が深刻です。 学校法人も多くは中小企業ですので、 その苦しみはよくお分かりかもしれませんね。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 中小企業の新卒採用が厳しさ…

管理職の意識変革を

昨日からの続編のような話になりますが、 教職員のモチベーションアップのためにできること、 そのヒントがこの記事には隠れている気がします。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) まず、働き方改革につ…

やる気後進国?

日本が「やる気後進国」? そんなはずは…と思いながら読み始めた記事です。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」が24%。 「やる気のない社員」が70%。 そし…

会社より社会と関われ

働き方改革に関する記事がここのところ新聞紙上を賑わせています。 このブーム?はまだまだ続くのでしょうか。 本日は、個人的に興味をひかれたインタビューをご紹介します。 新年度の弊社セミナーでも取組内容を採り上げようと思っている。 サイボウズの青…

高卒人材 就職と離職の課題

時期的なものなのでしょうか、就活のニュースが飛び交っていますね。 本日は高卒人材に関する、就職と離職に関する記事を採り上げます。 いずれに日経新聞から。 r.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 高校生の新卒採用で企業…

学校における働き方改革に関する総合的な方策(5)

今週の連載も本日が最終回です。 5日連続で、文科省HPに掲載された下記記事を採り上げてまいりました。 www.mext.go.jp 今日は第7章です。 実は答申自体は第8章も存在するのですが、 そちらはどちらかといえば行政に対する内容になっていますので、 ブログで…

学校における働き方改革に関する総合的な方策(4)

今週は学校における働き方改革に関する記事を連載させていただいております。 下記文科省の記事がベースになっております。 www.mext.go.jp 本日は第5章、第6章をまとめてお届けいたします。 まずは概要を見ておきましょう。 体制については「チーム学校」の…

学校における働き方改革に関する総合的な方策(3)

先日訪れた某市役所では、毎週水曜日が定時退庁日だとおっしゃっていました。 今日は水曜日。 貴校園では早めの下校、できていますでしょうか。 さて今週は下記答申について連載させていただいております。 www.mext.go.jp 今日は第4章。 「学校及び教師が担…

学校における働き方改革に関する総合的な方策(2)

今週は、先般公表された中教審の答申をお届けしております。 www.mext.go.jp 今日は2日目。昨日は第1章と第2章をご紹介しました。 昨日触れておくべきだったのですが、今回の答申において、 中教審は以下の視点から検討を行っています。 ①勤務時間管理の徹底…

学校における働き方改革に関する総合的な方策(1)

中教審から、とっても長い題名の答申が発表になりました。 内容もかなりボリュームがありますので、 今週1週間かけて中身を読み込んでいきたいと思います。 文科省HPより。 www.mext.go.jp まず初日の本日は、 働き方改革の目的と方向性についてです。 概要…

「仕事に満足」その理由は?

仕事に満足する理由は何か? 当然「仕事内容」かと思いきや… そうではない理由が上位に挙がっているみたいです。 日経新聞より。 www.nikkei.com (会員限定記事となっております。ご了承ください) 仕事への満足度は男女ともに7割前後と、 性別を問わずある…

「転職で賃金増えた」前年割れ

転職を煽るかのようなCMも数多く流れ、 少々苦々しく思っていた私ですが、 どうやらその市場に変化の兆しがあるようです。 日経新聞より。 www.nikkei.com 活況を続けてきた転職市場が転機に差し掛かっている。民間調べによると転職時に前職より賃金が上がっ…

実質賃金、大半でマイナス

大きな問題になっている、毎月勤労統計調査。 結論が変わってしまえばさらなる大問題です。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 毎月勤労統計の不適切調査問題を受け、厚労省は物価変動の影響を除く実質値…

事務職、正社員の求人増

学校における人材不足がなかなか解消されません。 貴校ではいかがでしょうか。 そんな渦中に、このような記事が出ておりました。 日本経済新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 事務職といえばバブル崩壊以降、…

公務員、60歳から給与7割

公務員の世界でも定年延長が現実のものになってきたようです。 私学の制度設計にも一定程度影響を与える可能性がありますよね。 そこで今日は概要を押さえておきましょう。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承くださ…

日本の労働生産性は先進国最低

働き方改革の本質は何でしょうか。 長時間労働をやめて、健全な人生を送ること? 仮にそれが主題であっても、それを叶えるには 「限られた時間で効果の高い業務遂行を行うこと」 が同時に達成されねばならないのではないでしょうか。 ところが、我が国の生産…

有休取得、日本が最下位

「有休を取らせるより、祝日を作ってもらった方がいいんだけど…」 有休取得の一部義務化が決まった後、 ある学校法人で事務長さんとお話していた時にお聞きしたひとことです。 有休取得が進まないことを如実に表す一言のように感じました。 日本経済新聞より…