寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

計画

保育士の配置、見直し遅れ

小中高ではクラス当たりの児童生徒数について議論がありますが、 保幼ではさらにシビアに、預かる子どもたちに対する職員配置に 問題が指摘されることがあります。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 「…

休校・休園、収入減に苦悩

厳しい状況が続いているコロナ禍。 忘れてはならない着眼点だと感じます。日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 新型コロナウイルスの影響で学校や保育施設の休業が相次ぎ、育児のために仕事を休まざるを得…

インフラ、とまらぬ高齢化

社会基盤のひとつと言えるインフラ。 老朽化が進んでいることへの警鐘を鳴らす記事と捉えました。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 全国で道路や橋などのインフラの老朽化がとまらない。9人が亡くなっ…

国立大学の運営費交付金 自己変革促す制度再設計を

国の制度の話題ではありますが、私学経営上も大いに関連する、 ひとつの問題提起として紹介させていただきます。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 先進国で高等教育改革が進んでいる。経済の活性化や技…

中学少人数学級 文科相が意欲

非常に短い記事ですが、方向性を把握しておくために、 ご紹介いたします。先週末の日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 末松信介文部科学相は22日、報道各社のグループインタビューに応じ、中学校での少人…

不登校対策にデジタル活用 学習支援、きめ細かく

不登校の子どもたちが増えているようですが、 その対応についてヒントになりそうな記事です。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) この記事は横浜市立鴨居中学校・斎藤浩司校長の寄稿です。 横浜は文明開…

子ども最少、1493万人

ゴールデンウィークが過ぎてだいぶ経ちましたが、 こどもの日になると例年公表されるのがこの統計。 きちんと押さえておきましょう。日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 15歳未満の子どもの数が4月1日時点…

出生数が世界で急減

私学にとって見逃してはならない情報です。 もちろん、社会全体が捉えるべき問題でもあります。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 子どもが生まれる数(出生数)が世界で急減している。新型コロナウイル…

中計の変更・延期、20年は7割増

貴校園の中期計画、2020年度の進捗はいかがだったでしょうか。 大変な一年だったことはここからも分かります。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 中期経営計画を見直す企業が相次いでいる。2020年に公表…

少子化逆手、目配り手厚く

公立の一貫校が増えていますね。 その存在の是非はともかく、私学経営で参考になるところもありそうです。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 神奈川県唯一の村、清川村が幼小中の「一貫校」を設置する方…

動き出した大学再編・統合

大学の連携や統合が目立ってきました。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 大学の再編・統合が各地で動き出している。少子化に対応した生き残り策にとどまらず、異なる分野の研究力や教育インフラを持ち…

教育ICT元年 1人1台

新年が始まってすでに2週間以上が過ぎましたが、 お正月の日経新聞に恒例の記事が掲載されましたので、 今後の見通しのために再確認しておきましょう。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 2021年は学校教育のデジタル化…

教育、35人学級へ準備

年始ですので、本年度の予算案について復習しておきましょう。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 昨年末に日経新聞に掲載された、 「2021年度予算案のポイント」 と題する記事の中で、「教育」というタ…

教室にエアコン93%

私学では以前から、教室のエアコンが整備されているケースが圧倒的かと思います。 公立もまたそれに近づいているようです。 そして新たな設備投資の必要性も出てきているのかもしれません。 短い記事ですが、ご紹介します。日経新聞より。 www.nikkei.com (…

学習塾、軒並み赤字拡大

コロナ禍によって心配される、収入減。 学習塾が厳しい損益状況であることが報道されています。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 学習塾業界が新型コロナウイルスの打撃を受けている。大手7社の2020年4…

出生率が映さぬ少子化

少子化が進む一方で、人口偏在も進む昨今。 そんな時代には、統計を読む際にも特に留意が必要です。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 出生率が地域の少子化の実態を映していない。全国上位10県は10年前…

「資源」をマネジメントする

先日来、紹介させていただいている日経新聞の連載、 「ポスト・コロナ時代の大学経営」。 今日は学校経営においても重要な、経営資源の話です。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 連載の中でも、今回の記事は大学以外に…

戦略と計画の重要性

今週火曜日のブログにも紹介させていただいた、日経新聞の連載記事です。 弊社の活動の拠り所と共通する内容です。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 先般の私学法改正により、中期計画の策定が義務付けられた (一部の…

日本語学校 経営ピンチ

私学の収入の生命線は授業料と補助金。 一方、補助金に多くを求められない私学もあります。 語学学校はその代表例かもしれません。 コロナ禍が学校経営を直撃しています。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承くださ…

中小企業とSDGs

理念に共感を覚えるSDGsのことは、このブログでも時折採り上げています。 しかし、何からすればいいのか、というのが このSDGsの最大の疑問かもしれません。 そのヒントがあれば、と願いつつ、 日経新聞よりひとつの記事をご紹介します。 www.nikkei.com (…

賃上げ原資の配分方法

以前に一度採り上げた、日経新聞の連載記事「日本型雇用、改革の行方」。 今回は賃上げ原資の配分についてです。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 景気最優先で政策運営にあたる安倍政権のもと、一時は「論外」ともさ…

2030年の「あるべき姿」

「誰一人取り残さない」 その理念に、私は強く共感しています。 SDGs、貴校園では何か取り組みを始めておられますでしょうか。 そこには、長期で物を見、考える力が求められます。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了…

中期計画の功罪

今般の私学法改正により、文科省所管の学校法人で義務化された 中期計画の策定。 その「功罪」をタイトルにした記事がありましたので 興味をそそられました。日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) この記事…

老後資産、6割超で枯渇

老後に備えて2,000万円、という話は一気に広まりましたね。 そんなの聞いてないよ、という方から、 そんなことだと思ってたよ、という方まで、 反応は様々ですが、実際のところ、老後資金は足りているのでしょうか。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会…

アフリカ、2050年に21億人

将来を見通すときに、最も重要な指標は「人口」ではないでしょうか。 日本国内はもちろん、世界の人口動態についてもある程度想定しながら、 学校経営を組み立てることが大切です。 では皆様、こんな見通しはすでにご存じでしょうか。 日経新聞より。 www.ni…

企業的手法で経営改革

すでにひと月ほど前の記事でもあり、 新聞紙上の片隅に掲載されたものでもありますが、 個人的に興味を惹かれました。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了承ください) 「企業的手法」と聞くと身構えてしまいそうなの…

「職住近接」より明確に

私学にとって立地は経営上、重要な要素の一つです。 なぜなら、立地によって通学圏、いわゆる商圏が動くからです。 その商圏の「偏在」が進んでいる、というニュースが流れました。 日経新聞より。 www.nikkei.com (有料会員限定記事となっております。ご了…

2040年に向けた高等教育のグランドデザイン

一昨日、表題の答申が中教審から示されました。 今後20年を見据えたグランドデザインです。 まずはしっかりその内容を押さえておきましょう。 まずは紹介ページのリンクを貼っておきます。 2040年に向けた高等教育のグランドデザイン(答申):文部科学省 ま…

セミナーをふりかえって

ハッピーマンデーが多いですね。本ブログは今週も火曜日からのスタートです。 さて先週金曜日は弊社セミナー開催日でした。 「PDCAで成功させる学校改革 ~事業計画と学校評価をとことん活用する~」 と題して、事業計画と学校評価について皆さんと一緒に考…

国立大 定員見直しへ

まずは本日、学校経営セミナー開催日となっております。 www.ysmc.co.jp 台風が気になるところですが、今日の大阪の予報はくもり。 雨が落ちなければ…と願っておりますが、 もし雨でも会場までは濡れずにお越しいただけます。 お申込みいただいた皆様、くれ…