寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

保育所、地方で空き増加

待機児童問題から別の問題へと変わっていくのでしょうか。

日経新聞より。

 

www.nikkei.com

(有料会員限定記事となっております。ご了承ください)

 

日本経済新聞社日経BP「日経xwoman」の調査によると、保育所の供給過剰が今後強まる兆しが出ている。2021年の0歳児の新規利用数は比較可能な16年以降で初の前年割れ。地方圏で定員の空きが増えている半面、大都市部は利用ニーズが引き続き高く、需給の「ミスマッチ」も懸念される。


この記事によりますと、0歳児クラスの利用児童数の平均値は

2021年4月1日時点で582人で前年同期比4%減だったのに対し、

定員は903人と2%増となり、計算上は定員の4割近くが埋まっていない、

と指摘されています。

4月時点で0歳児利用が少ないのは当然なのでは?とも思ったのですが、

下のグラフを見ると、前年より減った、というのがこれまでの傾向と

異なる点であることが分かります。

少子化の進展、さらに昨年はコロナ禍で利用が減った可能性もあるようです。

 

f:id:ysconsult:20211224075615p:plain

 

特に、地域による状況の差も大きいようで、

大都市圏では定員を充足しているケースが見られるのに対し、

地方では定員が空いている例がかなり多くなっているようです。

 

そして、注目すべき指摘が。

調査対象の市区に保育所整備にあたって最も大きな課題を尋ねたところ、「将来の需要予測の把握が難しい」が28.3%と最も多かった。「保育士の確保」が22.8%、「用地・物件の確保」が21.4%で続いた。

2017~20年の調査では「保育士」との回答が最も多く、「需要予測」と逆転したのは初めて。保育行政を担う自治体も需要動向の先行きに対する懸念を強めている。

 

乳幼児を預かる保育園、幼稚園、こども園をお持ちの学校法人の皆様、

状況はいかがでしょうか。

各地域における人口予測データはいろいろと出ていることと思います。

これまでの状況が続くなら、という推定は行き先を誤る可能性が高くなっています。

客観的な情報を基に、今後の経営規模についてしっかりと検討し、

ご判断をいただければと思います。

 

(文責:吉田)

www.ysmc.co.jp