読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

夏季特別セミナー(幼稚園向け)をふりかえって

幼稚園

お盆休みから明けて、弊社は本日が業務再開日です。

この時期、皆様におかれましても少しはお休みになれましたでしょうか。

学校は時期によって激務が続きますので、少し余裕のある時期には

ぜひとも体と心の休息をとっておかれることをお願いいたします。

 

さてその休暇前、8月10日(水)に、弊社としては初めて

幼稚園の関係各位のみを対象としたセミナーを開催いたしました。

タイトルは「幼稚園経営を取り巻く課題の総点検」。

テーマはその2日前に学校向けに実施したものと同じではありますが、

中身は幼稚園向けに再アレンジしてお届けいたしました。

ご出席いただいた方は4名。

夏休み中はご参加いただきやすいのでは…と期待していたのですが、

どうやらお盆が近すぎたようで、どの幼稚園も完全休業中。

ご参加いただいた皆様にも大変お暑い中、ご足労をおかけしてしまいました。

f:id:ysconsult:20160817074414j:plain

(当日の第1部の様子です)

 

f:id:ysconsult:20160817074445j:plain

(当日の第2部の様子です)

 

幼稚園の経営環境は昨今大きく変化しています。

特に大きな要因は子ども子育て新制度。

認定こども園化をはじめ、新制度をどのように受け止め、

それを自園にどう活かすかという点で悩みが尽きません。

 

そのような情勢を受けてか、当日のグループワークは

認定こども園化についてどのように考えるか、という点で大いに盛り上がりました。

実際に認定こども園への手続を進めておられる園、

今後その手続を進めようと考えておられる園、

そして幼稚園のまま続けていくことを決められた園。

それぞれのお立場で現状と今後の見通しを話されていました。

 

弊社のセミナーで大切にしていること、それは

ご参加いただいた方どうしの情報交換や意見交換です。

講師が話す内容はもちろん厳選しますが、

それよりも何よりも、志高くご参加いただいた方々どうしが、

経営の最前線で起こっていることを話し合っていただくことが

何より有益ですよね。

そして、それらの方々が交流を深めることで、情報のみならず

その人脈が今後の経営に活きると信じています。

今回のセミナーはまさにその典型であったように感じております。

 

本テーマでの開催はできれば毎年開催したいと考えております。

ご参加頂ける方の数ももう少し増えるといいな、と思っております。

 

酷暑の中、ご参加いただきました4名の方々に改めて感謝申し上げます。

そして来年はぜひ、貴園からもご参加をお待ちしております。

来年はお盆前後を避けて開催しますので(笑)

 

(文責:吉田)