読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

燃え尽き症候群

教育内容 制度

公立中学に通う私の長女は運動部の部活動に所属しています。

早朝や放課後の練習はもちろん、

休みの日には練習試合のために遠方まで出かけることも

少なくありません。

夕方、真っ赤に日焼けしてヘトヘトになって帰宅したかと思ったら、

そそくさと塾へと出掛けて行く姿を見て、

部活も勉強も頑張っているなと親ながら感心すると同時に、

ちょっと疲れすぎではないだろうかと心配にもなります。

 

そんな長女も中学3年になり、受験を控えて引退が迫ってきている中、

少々気になる記事を目にしました。

 

benesse.jp

 

確かに、毎日のように必死に打ち込んできた部活動を引退すると

生活のリズムは一変するでしょうし、

部活動に対して特に強い思い入れのある生徒にとっては、

喪失感や無気力感に襲われることもあるのだろうと思います。


統計がないので、実際にどれくらいの生徒が部活動引退後の

燃え尽き症候群に陥ってしまっているのかはわかりませんが、

勉強する意欲が湧かず、そのことにより不安や焦りが生じて、

さらに勉強が手につかないという悪循環に陥ってしまうような

ことがあっては大変不幸です。


先日、文部科学省の「次世代の学校教育にふさわしい教職員の在り方と

業務改善のためのタスクフォース」が取りまとめた報告書によると、

教員の多忙化の解消を目的として、部活動に休養日を

設けるための調査を実施することが決まりました。

 

先生方の負担を軽減し、教育の質を高めていただくのは当然ですが、

子ども達への過度の負担をなくすといった観点からの検討も

併せて行うことが必要なのだろうと感じます。

 

(文責:木村)