読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

30・10(サンマル・イチマル)運動

表題の30・10(サンマル・イチマル)運動というのは、

長野県松本市での取り組みで、

「料理を残さず食べよう」というものです。

 

 

残さず食べよう!30・10(さんまる いちまる)運動 松本市公式ホームページ

 

 

食品ロスを少しでも減らそうという主旨ですが、

元々の発案者は元市長の菅谷氏だそうで

宴会で出された料理が完食されず、最終的に破棄されていることに

疑問を持たれたそうです。

 

そこで

・乾杯後の30分は、自席にて料理を食べる

・宴会終了10分前には、再度自席に戻り料理を楽しむ

 

ことを提案されました。

 

言われてみれば、普段昼食や夕食を食べる際には

「最後まで食べる」が当たり前ですが、

宴会での大皿料理などは、食べ残しに対して無関心になっている面がありますね。

 

素晴らしい試みだと思います。

 

今では、宴会だけでなく「家庭での食品ロス」を減らす運動としても

定着しています。

というより、一般家庭向けの方が広がりを見せている状態です。

 

さらに、「食育」の観点や「ごみの削減」の観点からも効果があり

国からもその取り組みを評価されています。

 

また、家庭で使えるように「レシピ」まで大学と共同で開発されています。

ご興味があれば、以下のサイトからダウンロードできます。

 

みんなで減らそう食品ロス 松本市公式ホームページ

 

 

学校では「食育」の話をする機会があると思いますので

単に「食べ残しはもったいないよ」とアナウンスするだけでなく

実際の取り組み事例を紹介しながら

伝えると伝わりやすくなるのではないでしょうか。

 

上で紹介したホームページには、保育園で実際に使っている紙芝居も

ダウンロードできるので、参考にしてみてください。

 

 

 

(文責:竹内)