読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

大阪市 保育士に就職準備金最大20万円支給

トレンド 幼稚園

先日、大阪市から保育士を目指す人にとって

インパクトのある発表がありました。

 

 

 

www.asahi.com

 

 

就職準備金として、「最大20万円支給」

というものです。

 

民間の認可保育園に就職する保育士に

・初年度10万円支給

・翌年度も勤務していれば追加で10万円支給

 

されます。

 

国も似たような制度を持っていますが、

・最大20万円貸与

・5年以上勤務すれば、返還義務を免除する

となっていまして

 

例えば勤務3年で退職してしまうと

「借りたお金なので返済が発生」してしまうのです。

 

この点、大阪市は「支給」タイプになりますので

大きな違いになりますね。

 

 

ただ、保育士は「資格を持っているが、保育士として働いていない」

方が多いのも事実です。

(保育士育成する専門学校の卒業生で、半数は保育士以外の

職についているというデータもあります。)

 

入口(就職)対策はもちろん大事ですが、

その後長く勤務が続けられるような施策(給与面だけでなく、

能力アップや仕事での悩みをフォローできる体制など)が

整わないと、就職してもすぐに退職してしまうという循環は良くならないと

思います。

 

まずはこのような入口対策からでも

保育士確保の仕組みが整っていくことを願います。

 

 

(文責:竹内)