寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

計画

行動は目的あってこそ、目的には行動あってこそ

今月11月は、各学校法人で理事会が開催されることが多いのではないでしょうか。 上半期の総括を兼ねてこのタイミングで開催される理事会。 さて、貴法人ではどのように上半期を総括されていますでしょうか? まずは、中間決算。 上半期の財産の動き、収支の…

大学入学共通テスト(新テスト)について

大学入試センターは、11月13日より実施される大学入学共通テスト導入に向けた試行調査(プレテスト)に先立ち、10月31日に記述式問題の自己採点の参考動画とワークシートを公開しました。 自己採点の参考動画・ワークシート|大学入試センター こちらは記述…

教員の9割が困っていること

10月3日に第5回中央教育審議会初等中等教育分科会学校における働き方改革特別部会が開かれました。 今回の会議における主な議題は業務の役割分担・適正化に関する具体的な論点について。以下5点を中心に会議が進みました。 1.授業準備 2.学習評価や成績…

セミナーをふりかえって(学校法人改革!)

世間では3連休という方も多かったであろう、この週末。 運動会等を開催された学校法人さんも多かったでしょうね。 子供たちの成長を微笑ましく、頼もしくご覧になったことでしょう。 弊社では先週金曜日、セミナーを開催させていただきました。 タイトルは …

将来構想部会

今、学校に求められていること。 それは「将来構想」です。 20年前であれば、少なくとも外部経営環境は現状よりもずっと恵まれていたため、 ある程度成行に任せて経営をすることができた学校業界。 ですが、同様の意識では経営が行き詰まることは明白な現代…

魅力アップで生き残り

急速な少子化により公立高校の統廃合が進み、学校数はピークだった1987年の4191校から、2016年では3589校となっているようです。 昨今は都市部においても公立高校の統廃合は珍しいことではなくなりましたが、それでも都市部にはまだまだ多くの高校があり、生…

事前分析表

本日のタイトル、何のことかお分かりになりますでしょうか。 実はこれ、国の行政機関に義務付けられているものなんです。 文科省HPにはこの「事前分析表」に関して、こんな説明がなされています。 国の行政機関は、施策レベルの政策について、目的、指標及び…

大学における教育内容等の改革状況について

最近、大学をめぐるいろいろな動きがニュースになっています。 大学の動きは、近い将来の中高の動きにつながりますので、ぜひチェックしておきましょう。 今日は教育改革の状況についての統計です。 文科省HPより。 大学における教育内容等の改革状況につい…

教育公務員特例法等の一部を改正する法律案

人材採用が困難を極める昨今。 さまざまな業種の中でも運輸や介護が極めて厳しい状況といわれています。 では学校や幼稚園は…といえば、やはりあちこちから厳しいとの声が聞こえてきています。 採用はもちろん必要なことではありますが、今般のように採用が…

「何が問題なのかがわからない」という問題

今回のタイトルは、なぞかけのような感じになりましたが、 これは、「Wicked Problem」を和訳したものと考えてください。 私自身、うまく説明しきれない部分があるため 行動観察研究所の松波氏の説明を引用させていただきます。 Wicked Problem: 新たな仮説…

大阪府公立高校進学フェア2017

中学3年の長女が志望する公立高校の説明を受けるため、 7月24日(日)にマイドームおおさかで開催された 「大阪府公立高校進学フェア2017」に行ってきました。 http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/14106/00099642/kouhou-omote.pdf http://www.pref.osaka.l…

「お金を貯める」より難しいこと

先日、ある学校法人の理事長さんとのご面談をいただいたときのこと。 その学校では校舎の建替計画が進んでおり、数年後には着手できるのでは、 という段階に達しておられます。 当社はその資金繰りを含めた計画策定を支援させていただいており、 今後数十年…

目標設定の手順

時期が時期だけに、事業計画の立案に関するご相談が増えています。 事業計画は最高、最大の経営ツールであると考えている私。 ですが、その作り方は組織によってさまざまあり、決まった正解はないようにも思います。 ただ、私自身が勝手に考える「望ましい事…

平成28年度文部科学省 予算(案)

ここ大阪も寒い朝を迎えております。 各地で風雪が強まっているようですね。どうかお気を付けください。 さて、先日「改めて採り上げる」と宣言?していた、文科省予算案について本日は詳しく見ていきましょう。 資料はこちらです。 平成28年度文部科学省 予…

セミナーをふりかえって(事業計画)

先週末は弊社主催、「学校経営者育成ゼミ」の開催日でした。 今年度は6回のシリーズで開催してきたのですが、テーマだけでもふりかえっておきましょう。 ・第1回(4月):労務管理・第2回(6月):財務会計・第3回(7月):マーケティング・第4回(…

半歩前進

先日、ある学校の事務長さんとの会話の中で、「インチ・アヘッド」という言葉を伺いました。 聞けば、ある情報誌に掲載されていた言葉だそうで、その引用元も教えていただきました。 そこにはこんなことが書かれています。 『他より少し前に出る、という意味…

学校経営情報12月号発行のお知らせ

今年もとうとう12月ですね。 ずいぶん長い秋を過ぎ、毎朝の寒さは完全に冬に突入したことを感じさせます。 月初のブログはまず情報誌のご紹介から。 カニシーズンも到来しましたね(笑) そして、今月もセミナーが予定されています。 テーマは「計画策定」。…

「競争に勝つ」という発想

先日、ある学校を訪問した際に、その学校法人で以前理事長を務められていた方にお会いしました。 ちょうど現在の理事長もいらっしゃって、今後の経営についていろいろと議論していらっしゃるところに私もお邪魔した、というわけです。 私は常々、学校経営の…

「人口減少社会に関する意識調査」の結果を公表します

すでにその現象は現れている、人口減。 これからの社会、これからの学校を考える際に、この状況は避けて通れません。 その人口減少についての意識調査結果が発表されました。 厚生労働省HPより。 「人口減少社会に関する意識調査」の結果を公表します |報道…

教職員等の指導体制の在り方に関する懇談会提言

洪水、地震、噴火と、自然が猛威を奮っている昨今。 ご当地の方々には心よりお見舞いを申し上げます。 と同時に、その自然の中に住まわせてもらっている人間として、謙虚さを失わないようにせねばと自戒する日々です。 さて先日、文科省からこんなレポートが…

セミナーをふりかえって(マーケティング)

暑い暑い、と何度言ったことか、この週末。 皆様、熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。 さてそんな中、先週金曜日は弊社主催セミナーの開催日でした。 幸いなことに雨は降らなかったものの、かなりの暑さの中、ご参加いただいた皆様にはご足労賜りました…

国立大学の主体的な改革に向け、アクションプラン公表

本日は国立大学の今後に向けたアクションプランが公表されたという話題をお届けしましょう。 リセマムより。 国立大学の主体的な改革に向け、アクションプラン公表 | リセマム このアクションプランは国立大学協会が公表したもの。 同協会は国立大学の主体的…

学校経営者育成ゼミ(第2回)をふりかえって

先週金曜日は今年度2回目の学校経営者育成ゼミ開催日でした。 今回もまたご多忙の中、ご来場いただきました皆様に改めて感謝申し上げます。 朝のうち残っていた雨も昼前にはすっかり上がり、セミナー前後の時間帯は天候にも恵まれました。 (セミナー開始時…

第2期教育振興基本計画と平成27年度予算額との関係

本日は文科省からの情報をお届けします。 同省HPより。 第2期教育振興基本計画と平成27年度予算額との関係:文部科学省 やや珍しいタイプの情報発信かもしれません。 このページを開くと、計画に記載された各目標・施策とそこに付された予算が関連付けて掲載…

小中学校の教職員、今後10年4.2万人削減可能 財務省試算

先日マスコミをにぎわせたこのニュースをお届けしましょう。 日本経済新聞より。 小中学校の教職員、今後10年4.2万人削減可能 財務省試算 :日本経済新聞 (全文読むには会員登録が必要です。ご容赦ください) 本日のブログ表題、そして上にリンクを張った記…

定員割れに教員不足……新設大学・学部が抱える課題とは

本日はBenesse教育情報サイトより、大学が抱える課題についての整理をご覧いただくことにしましょう。 記事はこちらです。 定員割れに教員不足……新設大学・学部が抱える課題とは | Benesse 教育情報サイト ヘッドライン この記事の基になっているのは新設大…

平成26年度学校法人の運営等に関する協議会

やや古い話題で恐縮ですが、参考になる資料を見つけましたのでご紹介いたします。 文部科学省HPより。 平成26年度学校法人の運営等に関する協議会:文部科学省 先月中旬に開催されたこの協議会。 文科省各部局の管理職がそろい踏みしていらっしゃったようで…

地方私大の再編支援

3月も折り返し地点に到達。 新年度はもうすぐそこですね。 本日は危機感をあおられそうなニュースをお届けします。 日本経済新聞より。 地方私大の再編支援 15年度から文科省、少子化に対応 :日本経済新聞 (全文読むには会員登録が必要です。ご容赦くださ…

私立学校の耐震化率、やっと8割突破

本日は私学の耐震化率についての情報をお届けします。 まず、耐震化の状況を調査した文科省の結果報告がこちら。 平成26年度私立学校施設の耐震改修状況等の調査結果について:文部科学省 そして、その結果を基にしたBenesse教育情報サイトのコラムがこちら…

国立大3分類で特色明確に

こんなニュースが紹介されていました。 日本経済新聞より。 国立大3分類で特色明確に 16年度から、競争促す :日本経済新聞 少し前には、こんな記事も。 Benesse教育情報サイトより。 私大を「グローバル化型」など4タイプに分類 文科省の狙いとは? | Bene…