読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

夏のボーナス2.75%減

久しぶりに経済ニュース、いってみましょう。 日本経済新聞より。 夏のボーナス2.75%減 円高が製造業に逆風 :日本経済新聞 (記事全文を読むには会員登録が必要です。ご容赦ください) まずは記事冒頭にある、内容のまとめを読んでおきましょう。 日本経済…

高等学校教育の改革に関する推進状況

本日のブログ、表題をご覧になってどんなイメージを持たれますでしょうか。 最近のキーワードである「アクティブラーニング」などの 教育内容、教育技術面の改革を想像される方も少なくないのでは… 実は私もそうでした。 資料を開けてみてびっくり。全然違っ…

こどもトライアングル調査より

博報財団こども研究所が「こどもトライアングル調査」を実施し、結果を公表しました。 kodomoken.com 調査名だけを見ても何の調査かよくわかりませんので、まずはどんな調査なのかをみてみましょう。 「こどもトライアングル調査」とは 子どもが、最も身近に…

数字で見る少子化

まずは本日、弊社セミナー開催日となっております。 www.ysmc.co.jp お越しいただく皆様、くれぐれもお気をつけてお運びください。 学びの機会にご一緒できますことを楽しみにしております。 さて、急速な少子化の進行により、私学にとって生徒の安定的な獲…

平成28年度「英語教育実施状況調査」の結果について

調査からは少し時間が経っていますが、 私学においても押さえておくべき内容を含んでおりますので、 今回はこのデータをご紹介しましょう。 文部科学省HPより。 平成28年度「英語教育実施状況調査」の結果について:文部科学省 調査時点は2016年12月。 調査…

中学教諭、6割近くが「過労死ライン」

GWに入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 学校関係者は暦通りのご出勤が原則、かもしれませんね。 多忙な日々を送られている皆様方だからこそ、 この時期は少しだけでも休息に充てていただくことを願いつつ。 というのも、深刻なニュースがまた一…

企業が求める人材像

私が大学在学中に就職活動を行っていた頃は「就職超氷河期」と言われていましたが、現在は景気が回復傾向にあることに加えて急速な少子高齢化により「採用氷河期」と言われているそうです。 つまり、最近は「売り手市場」の状態が続いているということで、就…

国立大学関係データについて

まずは1点、ご連絡がございます。 4月21日開催予定の弊社セミナーにつきまして、 おかげさまで多数のお申込みをいただき、定員に達しましたので、 受講申し込みの受付を終了させていただきます。 まさに嬉しい悲鳴です。本当にありがとうございます。 キャン…

大阪府私立高校への進学事情

皆さんご存知の通り、大阪府では平成23年度から私立高校の授業料無償化制度(私立高等学校等授業料支援補助金)を実施しています。 この制度により、世帯の所得に関わらず子ども自らの希望や能力に応じて自由に学校を選択できる機会が保証されるようになりま…

家庭教育と親子関係に関する調査研究より

日本教材文化研究財団が「家庭教育と親子関係に関する調査研究」の報告書を公表しました。 http://www.jfecr.or.jp/cms/zaidan/publication/pub-data/chosa/chosa63.pdf かなりボリュームのある資料ですので全てに目を通すのは難しいですが、「学力低下」や…

残業時間に関するアンケート調査の結果より

正社員による長時間労働などに代表される日本の戦後雇用慣行を見直すべく、政府主導で「働き方改革」が進められており、先日、長時間労働の是正や同一労働同一賃金の導入を盛り込んだ実行計画がまとまりました。 長い年月をかけて日本中に染み付いた労働慣行…

私立高等学校 入学志願動向

日本私立学校振興・共済事業団から、気になるデータが発表されました。 平成28(2 0 1 6)年度 私立高等学校 入学志願動向 日本私立学校振興・共済事業団 同事業団が実施している「学校法人等基礎調査」から、私立高等学校の入学者等に関する項目のデータを…

卒業予定者の就職内定状況

毎年この時期になるとご紹介しているような気がする、就職内定状況。 進路、というとどうしても「進学先」をイメージしてしまいがちですが、本来の進路は社会に出ることを意味しますよね。 その意味において、学校を卒業した子供たちの就職状況はぜひとも押…

高校生の勉強と生活に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較- (授業編)

国立青少年教育振興機構が3月13日、日本・アメリカ・中国・韓国の4か国を比較した「高校生の勉強と生活に関する意識調査報告書」を公開しました。 その中から本日は「授業について」の調査結果をご紹介いたします。 www.niye.go.jp まず、授業の進め方につい…

労働経済動向調査の概況

人材の採用、学校にとっては大きな課題です。 ただ、それは学校に限ったものではなく、多くの業界で同様の現象が起きているようです。 本日は「労働経済動向調査」の直近の結果についてご紹介いたします。 厚生労働省HPより。 労働経済動向調査(平成29年2月…

平成28年度英語教育改善のための英語力調査 報告書

昨今、英語への注目度が高い状態が続いています。 学校教育の中でも英語の重要度は上がるばかり、そんな気配ですが、さて実際に英語力は高まっているのでしょうか。 昨年6月~7月ごろに実施された調査結果が発表になりましたので本日はそちらをご紹介しまし…

国公立学校施設における維持管理点検状況調査の結果について

子どもたちの安全が何より重視される、学校現場。 施設の維持や整備は非常に重要な課題ですね。 そこで本日は施設の点検状況に関する結果報告を見てみましょう。 文科省HPより。 国公立学校施設における維持管理点検状況調査の結果について:文部科学省 まず…

第52回学生生活実態調査より

私が大学生だったのは今からもう20年も前のことですが、当時の私は将来のことなどあまり考えることもなく、アルバイトや遊ぶことだけに没頭する典型的な「ダメ学生」でした。試験前以外に勉強した記憶はほとんどありませんが、単位だけは要領よく取得できて…

高卒予定者と教員養成大学の就職率について

そろそろ年度末。 進学率や就職率が気になる時期ですね。 というわけで、本日は就職率の話題をお届けします。 まずは高卒予定者の内定状況について、文科省HPより。 平成29年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(平成28年12月末現在)に関する調査について…

教員の長時間労働問題

昨今、長時間労働に関してクローズアップされていることは、 みなさんご存知のとおりかと思います。 長時間労働による過労死、過労自殺、精神疾患等、多くの痛ましい 事故や事件の発生が後を絶たないことを受け、各方面で過重労働の 取り組みがおこなわれて…

学校保健統計調査-平成28年度(速報)の結果の概要

寒い日が続きますが、お風邪など召されていませんでしょうか。 受験生にとってはもちろん、学校教職員の皆さんも大切な時期ですので、くれぐれもご自愛くださいますように。 とまあ、何をするにも元気が一番、です。 本日は子どもたちの健康状態に関する調査…

平成28年度私立高等学校等授業料等の調査結果について

値決めは経営、と語ったのは稲盛和夫氏。 京セラフィロソフィとしても有名なこの言葉ですが、私学の場合、値決めの自由度は一般企業に比べると低いのが一般的。 それでも、授業料や入学金の単価設定は経営の根幹をなす、重要なものであることに変わりはあり…

親に勉強を教わりたくない?

株式会社すららネットが「小中高生の勉強に関する意識調査2016」を 発表しました。 勉強を「楽しい」と思っている小中高生は半数以上! 小中高生の「勉強」に関する意識調査結果をプレスリリースしました。 | 【公式】インターネット学習教材『すらら』 以下…

平成28年労働組合基礎調査の概況

本日は労働組合に関する調査結果をお届けします。 厚生労働省HPより。 平成28年労働組合基礎調査の概況|厚生労働省 ざっとひとつかみしたい方は「報道発表資料」をご覧いただくのが早いと思います。 もう少し詳しく、という方は以下の「結果の概要」をご覧…

21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)

2016年12月に文部科学省が「21世紀出生児横断調査」の結果を 発表しました。 本日はこの調査結果の一部をご紹介いたします。 21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児):文部科学省 まずは、調査の概要を見てみましょう。 <調査の目的> 21世紀の初年に出生…

事前分析表

本日のタイトル、何のことかお分かりになりますでしょうか。 実はこれ、国の行政機関に義務付けられているものなんです。 文科省HPにはこの「事前分析表」に関して、こんな説明がなされています。 国の行政機関は、施策レベルの政策について、目的、指標及び…

中学校の部活動に関する調査結果

スポーツ庁は12月15日に「平成28年度全国体力・運動能力等調査結果」を 公表しました。 本日は、その中から、中学校の部活動に関する調査結果をご紹介します。 平成28年度全国体力・運動能力等調査結果:スポーツ庁 まず、「学校の決まりとして、部活動にお…

倒産に関するデータ②(教育関連業者編)

先日、当ブログで人手不足倒産に関する話題を取り上げましたが、 本日は教育関連業者の倒産動向に関する話題です。 (暗い話ばかりで申し訳ありません・・・) www.tdb.co.jp https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p161203.pdf 帝国データバンク…

大学における教育内容等の改革状況について

最近、大学をめぐるいろいろな動きがニュースになっています。 大学の動きは、近い将来の中高の動きにつながりますので、ぜひチェックしておきましょう。 今日は教育改革の状況についての統計です。 文科省HPより。 大学における教育内容等の改革状況につい…

倒産に関するデータ①(人手不足倒産編)

東京商工リサーチが毎月の企業倒産件数を公表しており、 毎週月曜日の日本経済新聞の景気指標面には、その数値が 掲載されています。 現在、日本の景気は緩やかな回復基調にあり、以下のとおり 年度を追うごとに企業倒産件数は減少傾向にあります。 2013年度…

賃金引上げ等の実態に関する調査

本日は賃金統計のご紹介です。 厚生労働省HPより。 平成28年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況|厚生労働省 以下、結果の概要の中から、主なものをまとめました。 平成28年中における賃金の改定の実施状況(9~12月予定を含む。)<全企業> ・「1人平…

民間給与の実態

本日は、給与に関する統計をご紹介します。 人事院HPより。 平成28年職種別民間給与実態調査の結果 給与に関しては人事院もいろいろと調査をされていますが、HPにアクセスすることはそれほど多くないのではないでしょうか。 その意味でも、今回はいい機会…

平成28年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

毎年発表される統計のひとつ、賃金構造基本統計の調査結果が発表されました。 すでに新聞等でご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。 本日はその内容をざっとご覧いただきましょう。 厚生労働省HPより。 平成28年賃金構造基本統計調査結果(初任給…

トイレの状況調査

先日来、トイレの話題が多くてすみません。 でも、学校を語る際にトイレを抜きにすることはできません。 本日は公立校のトイレの状況に関する統計をご紹介します。 文部科学省HPより。 公立小中学校施設のトイレの状況調査の結果について:文部科学省 結果を…

社会教育調査 中間報告について

本日のお題は「社会教育調査」。 この名称、ご存じでしょうか。 定期的に公表されている統計のひとつではあるのですが、ひょっとすると私学の皆さんにはなじみが薄い統計かもしれません。 まずはどんな統計なのか、ご紹介しましょう。 以下、文科省HP内の 社…

人口減少社会を考える

先日、総務省は平成27年国勢調査の確定値を公表しました。 http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/kihon1/pdf/youyaku.pdf それによると、平成27年10月1日時点での日本の人口は 1億2709万5千人で、大正9年の調査開始以来、初めての 人口減少となっ…

高年齢者の雇用状況

労働契約法による有期雇用者の無期転換が実質的なスタートを切るタイミングが迫ってきましたね。 各校でお話を聞く中でも、その対応に苦慮されているケースも。 これまでの私学における教職員の雇用形態が変化を余儀なくされている様子が見て取れます。 その…

国立大学法人等の役職員の給与等の水準

このブログでは毎年採り上げている統計がいくつかあります。 そのうちのひとつが本日ご紹介するものです。 大きな変化はありませんが、学校経営上気にせざるを得ない人件費水準に関するデータですので、ざっと見ておきましょう。 文部科学省HPより。 国立大…

子どもの生活に関する実態調査

大阪市が平成28年6月から7月にかけて実施した 「子どもの生活に関する実態調査」の結果(速報値)が 先日公表されました。 大阪市市民の方へ 子どもの生活に関する実態調査について 実施の調査対象は以下のようになっています。 大阪市立小学校5年生の全児童…

データで見る日本の少子化

7月に総務省が「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数 (平成27年1月1日現在)」を発表しました。 総務省|住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成27年1月1日現在) この調査結果によると、日本人住民の人口は1億2,616万3,576人で 前…

平成27年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果

本日は学校の情報化に関する実態調査の結果をお届けします。 昨年度もご報告したかもしれませんね。 文科省HPより。 平成27年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果:文部科学省 まずは調査の概要をチェックしておきましょう。 主な調査項目は…

最低賃金の動向について

まずは本日、弊社主催「夏季特別セミナー」開催日です。 www.ysmc.co.jp お申込みを頂いている皆様方、くれぐれも暑さと足元にご留意いただき、 「真夏の学び」にお越しいただければ幸いに存じます。 さてここ数年一定の上げ幅を記録している「最低賃金」で…

厚生労働省における女性公務員の残業時間について

最近の労働行政の中心は「残業抑制」と「メンタルヘルス」になっていますが、 それらを監督・指導する側の厚生労働省の方々の労働時間は どうなっているのかと考えたことはありませんか? 実は、先日ある資料が公表されました。 www.mhlw.go.jp この資料によ…

平成27年度地方教育費調査の中間報告について

まずはお知らせから。 今週金曜日に弊社主催セミナーが開催されます。 大切という認識はあるものの、目の前の問題に追われて後回しになるのが人材育成。 多くの学校では、その仕組みがなく、人材を採用に頼るケースが多く見られます。 本講では「人財」を校…

平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況

本日はやや久しぶりの人口統計です。 特に押さえておくべき統計のひとつがこの人口に関するもの。 内容のご確認をお願いします。 引用元は厚生労働省です。 平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況|厚生労働省 まずは「結果の要約」をご覧いただきまし…

小中一貫教育の制度化に伴う導入意向調査について

大型連休も終わり、本格的な日常の再スタートですね。 この月曜日、いかがお迎えでしょうか。 さて本日は文科省HPから、小中一貫教育に関する現状及び見通しに関する調査結果をご紹介します。 小中一貫教育の制度化に伴う導入意向調査について:文部科学省 …

今週の新聞記事より

週末があっという間にやってきます。 被災地の皆さんに思いを致しながら…今週(と先週分を少しだけ)の新聞記事で私がチェックしたものをお伝えします。 前回試しにやってみたところ、結構ご好評を頂いた?ので、恒例化しようかと思案中です。 まずは保育所…

平成27年度「英語教育実施状況調査」の結果について

熊本、大分を震源とする地震が起き始めてからすでに4日。 これほどまでに大きな地震が続くことは経験がないように思います。 ご当地の方々には心よりお見舞いを申し上げます。 多くの方々が亡くなっています。地震災害の恐ろしさを改めて実感します。 私も熊…

労働統計要覧(平成27年度)

本日は労働統計をひとまとめにしたサイトをご紹介しましょう。 厚生労働省HPより。 労働統計要覧|厚生労働省 まずは、「主要労働経済指標の推移(グラフ)」と題されたグラフを見てみましょう。 ここ数年のトレンドをつかむことができます。 所定外労働時間…

学校評価等実施状況調査(平成26年度間 調査結果)

個人的にわりと気にしている、学校評価に関する動向。 データは古いですが、平成26年度中に実施された学校評価に関するまとめがありましたので本日はそちらをご紹介しましょう。 文部科学省HPより。 学校評価等実施状況調査(平成26年度間 調査結果):文部…