寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

教育内容

大学入学共通テスト(新テスト)について

大学入試センターは、11月13日より実施される大学入学共通テスト導入に向けた試行調査(プレテスト)に先立ち、10月31日に記述式問題の自己採点の参考動画とワークシートを公開しました。 自己採点の参考動画・ワークシート|大学入試センター こちらは記述…

ティーチング・ポートフォリオ

2020年度の大学入試改革や2022年度の新しい指導要領の導入を控え、学校では授業内容の刷新が求められています。 働き方改革が待ったなしの状況で教員の方々にとっては非常に悩ましいこととは思いますが、大きな転換期に乗り遅れることはできません。 そんな…

現役教師の嘆き

少し前になりますが、生徒が教師に対して暴行する動画がSNSを通じて流出した事件は非常に衝撃を受けました。 実際にその動画を見ましたが、教師に対する暴行を見てクラス中の生徒が笑い、SNSに投稿することには、怒りだけではなく怖さを覚えました。 若気の…

教育・文化週間

この時期、週末になると、あちこちで運動会や文化祭等の行事を目にします。 季節も良くなって、運動や文化等の学びに適した時期がやってきた、 ということなのかもしれません。 そんな折、文部科学省HPを見てみたところ、 こんなことがかかれていました。 第…

主役は「総合」から「専業」に

本日のブログタイトル、何のことかお分かりになりますでしょうか。 先日の日本経済新聞に掲載されていた記事の副題なんです。 学校とは直接関連のない記事ではありますが、 ちょっとだけ紹介させていただきますね。 www.nikkei.com 上場企業の変遷について紹…

現代人の語彙に関する調査より

「なんで自分はこんなにボキャブラリーが乏しいんだ・・・」 ブログを書くたびに、そんな自己嫌悪に陥ります。 誰のせいでもなく、学生時代に勉強をさぼって遊び呆けていた私が悪いのですが・・・。 そんな私の自業自得な悩みはさておき、株式会社ベネッセコーポレ…

IQ教育+EQ教育

衆議院が解散され、10月22日に総選挙が行われることになりました。 晴れて国会議員に当選される方々には、与野党を問わず、日本の国益のためにしっかりと汗を流していただきたいと思います。 さて、そんな政治家に対してよく思うことがあるのですが、国会で…

授業アイディア集

高校時代は定期テスト直前以外に勉強はほとんどせず、成績も下から数えた方が早かった私。 当然、志望する大学に現役で合格できるわけもなく、浪人をして予備校に通うことになりました。 得意な科目なんてもちろんありませんでした。 ところが、予備校の現代…

平成28年度 文部科学白書

遅くなりましたが、白書の記事を。 文部科学省HPより。 平成28年度 文部科学白書:文部科学省 毎年の白書、チェックされておられますでしょうか。 今回の白書の目次はこんなふうになっています。 第1部 特集 巻頭写真 リオデジャネイロの軌跡特集 子供たちの…

学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議 最終まとめ

ブログタイトルを名に冠した記事が文科省HPに掲載されました。 学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議 最終まとめ:文部科学省 今回開示されたまとめの報告書はボリュームが大きいので、 ぜひ押さえておきたい内容を以下に抽出いたしました。 …

学力と部活動の関係

8月28日、文部科学省が平成29年度全国学力・学習状況調査の結果を公表しました。 www.nier.go.jp 今回の調査より、中学校における部活動と正答率の関係について初めて調査を実施しています。 まず、部活動の状況について、月曜日から金曜日までの1日当たり…

社会的課題に対応するための学校給食の活用

「食育」という言葉が誕生してから、すでにどのくらい時間が経ったでしょうか。 ふと、こんな表題の記事が目に留まりました。 文部科学省HPより。 社会的課題に対応するための学校給食の活用事業について:文部科学省 上記リンク先のページを開くと、まずこ…

子供の読書活動推進に関する有識者会議

昨今、「青少年の〇〇離れ」や「若者の〇〇離れ」という言葉をよく耳にします。 例えば、テレビや新聞、車などが話題になることが多いですが、読書も例外ではないようです。 そのような背景もあり、文部科学省に「子供の読書活動推進に関する有識者会議」が…

ジョトスタ

多くの子ども達が待ち望んでいた(と思われる)夏休みが多くの地域で始まりました。 友達と遊んだり、クラブ活動に打ち込んだり、家族と旅行したりと、夏休みには思い出に残るようなことをたくさんやってほしいですね。 ただ、夏休みには宿題がつきものです…

パラスポーツで多様性を学ぶ

2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開催されますね。 開催が決定したときには、「2020年なんてまだまだ先やなあ・・・」なんて思っていたのですが、気付けばあと3年後です。年月が過ぎていくのは本当に早いですね・・・。 開催に向けて何かと課題が多そう…

英語教育改善プラン

このブログでもたびたびお伝えしている英語教育に関する様々な話題。 実際のところ、どのような改善がなされているのか? そのような疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 そこで本日は、その名ずばりのこんなページをご紹介します。 文部科学省H…

平成28年度文部科学白書の公表について

毎年恒例のことながら、最近はブログで採り上げることが減っていたかも… との反省を込めて、今年度はお届けいたします。 白書の公表です。 今何かと話題の文科省HPより。 平成28年度文部科学白書の公表について:文部科学省 目次に大きな変化がないのもまた…

先生は高校2年生

私の学生時代の授業といえば、先生が教壇に立って教科書に沿って一方的に教えるという形式が当たり前でしたが、アクティブラーニングを始め、最近は様々な形式の授業を取り入れる学校が多くなっています。 本日は、高校2年生が先生となり中学1年生に対して行…

インターネット教育に関する実態調査

中高生がスマートフォン等を通じて日常的にインターネットを利用していることがすっかり当たり前の時代になりました。 いわゆる「デジタルネイティブ世代」ですね。 自分の学生時代にもスマートフォンがあればもっと便利で楽しかったのかなあ、などと思いつ…

中1生の英語学習に関する調査より

中学、高校、大学で英語を勉強し続けてきたにも関わらず、私は英語をほとんど話すことができません。 学校の教え方が悪かったのか、私の学ぶ姿勢が悪かったのか。残念ながら後者の可能性が高いという自覚は十分にありますが・・・。 次期学習指導要領での小学校…

「働くルール」を学ぶ

高校や大学を卒業すれば、ほとんどの学生は就職して社会人として働くことになりますが、実際は在学中にアルバイトとして多くの学生が既に社会で働いています。 ただし、「ブラックバイト」に代表されるように、労務に関する様々なトラブルに巻き込まれる事例…

子どもの自己肯定感を高めるためには?

最近の若者は自己肯定感が低いとよく言われます。 国立青少年教育振興機構が平成27年に行った「高校生の生活と意識に関する調査」においても、日本の高校生の自己肯定感は他国と比較し極めて低いという結果が出ています。 自己肯定感とは「自分の良いところ…

インターンシップの推進

先日、文部科学省HPにこんな情報が掲載されました。 インターンシップの更なる充実に向けて【概要】 上記リンクは「概要版」ですが、ざっと目を通すと 論点は理解できるつくりになっています。 現状の大きな課題は以下の点を読むと明らかです。 ・⼤学等の実…

大学のアクティブラーニングスペース設置状況

まずは先週末、弊社主催セミナーにお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。 熱心なご参画をいただき、大変盛り上がりました。 そのご報告は明日のこのブログでさせていただくこととしまして、まずはお礼まで。 さて昨今、学校教育においてアク…

平成28年度「英語教育実施状況調査」の結果について

調査からは少し時間が経っていますが、 私学においても押さえておくべき内容を含んでおりますので、 今回はこのデータをご紹介しましょう。 文部科学省HPより。 平成28年度「英語教育実施状況調査」の結果について:文部科学省 調査時点は2016年12月。 調査…

次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめのポイント

次の学習指導要領、すでに発表になっていますが、 各校でも内容の把握とカリキュラムの再編成等、 動きを活発化されているところではないでしょうか。 古い資料にはなりますが、新要領に関する趣旨を 改めて押さえておくことにいたしましょう。 文科省HPより…

学習における「中2問題」

まずは先週末、弊社セミナーに多くの方にお越しいただきましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。 そのご報告は明日のこのブログで。 さて東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所の共同研究プロジェクトが「子どもの生活と学びに関する親子調…

大阪府私立高校への進学事情

皆さんご存知の通り、大阪府では平成23年度から私立高校の授業料無償化制度(私立高等学校等授業料支援補助金)を実施しています。 この制度により、世帯の所得に関わらず子ども自らの希望や能力に応じて自由に学校を選択できる機会が保証されるようになりま…

家庭教育と親子関係に関する調査研究より

日本教材文化研究財団が「家庭教育と親子関係に関する調査研究」の報告書を公表しました。 http://www.jfecr.or.jp/cms/zaidan/publication/pub-data/chosa/chosa63.pdf かなりボリュームのある資料ですので全てに目を通すのは難しいですが、「学力低下」や…

時間割の工夫

東京都江東区は5日、区立小学校4年生の担任教諭の男性(35)が、昨年度実施した副教材のテスト72回(国語、算数、社会、理科)のうち、49回分を児童に返却していなかったと発表した。うち41回分は採点もしていなかった。教諭は「忙しくて採点を後…