寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

人事

電通事件に思うこと

電通で痛ましい事件が起きたことは、皆さんご存知だと思います。それに加えて 会社全体で長時間労働が常態化している恐れがあるとして、労働基準監督署の調査が本社だけでなく、支社やさらには子会社まで及んでいます。 その調査官には「かとく」(過重労働…

国立大学法人等の役職員の給与等の水準

このブログでは毎年採り上げている統計がいくつかあります。 そのうちのひとつが本日ご紹介するものです。 大きな変化はありませんが、学校経営上気にせざるを得ない人件費水準に関するデータですので、ざっと見ておきましょう。 文部科学省HPより。 国立大…

年次有給休暇取得促進期間

10月は国が定める「年次有給休暇取得促進期間」となっております。 文字通り「有給取得を薦める」キャンペーンです。 www.mhlw.go.jp 学校側、教師側双方が「有給を取った方がいい」ことは 理解していると思いますが、 「頭ではわかっているが、普段の仕事量…

チェーンの強度はどこで決まる?

今回も先日の9月9日に行われてた弊社セミナーの中から 気づきを共有したいと思います。 本来は、1つの記事でまとめればいいのですが 共感するポイントが多すぎて、2回に分けて書いています。 前回は「紙コップでワインを飲んでも美味しくない」という内容で…

ブラック〇〇

昨今、「ブラック〇〇」という言葉を良く耳にするようになりました。 中でもブラック企業という言葉はすっかり世間一般に定着しています。 社員の過労死や長時間労働、パワーハラスメントなどが表面化し メディアを通じて事実が世間に広まったり、事後の対応…

ストレスチェック制度が目指すもの

8月の弊社セミナーでも触れましたが、 ストレスチェック制度が従業員50人以上の事業所で 対応が必要になります。 詳しい内容は、以下のサイトをご覧ください。 www.mhlw.go.jp 誤解されている方もいらっしゃるみたいですので、 この制度が目指すものを改めて…

学校経営セミナーをふりかえって(残業抑制)

この週末は3連休だった方もいらっしゃることでしょう。 いかがお過ごしでしたでしょうか。リフレッシュはされましたか。 普段残業や休日出勤が多くて…という方は このような機会にしっかりと休息をとっていただきたいと願っております。 さて先週末、弊社主…

美味しくないワインの話

下戸の私がお酒のネタを書いても大丈夫か?という 心の声が聞こえてきそうですが、 あくまでこれは「たとえ」としての表現ですので、 ワインの味覚や産地などのマニアックな話ではありません。 先日弊社が主催したセミナーで、 田渕講師がおっしゃっていたた…

36協定の見直し議論始まる

先日の新聞で発表がありました「36協定の見直し」ですが、 政府も今まで手を付けていなかった領域に踏み込んできたのかなと 印象を受けました。 http://mainichi.jp/articles/20160911/ddm/016/010/039000c そもそも「36協定」とは ・労働基準法では「1日8時…

求人票を作成する際の固定残業代の記載について

学校現場だけでなく、民間企業でも悩ましい問題である残業代ですが、 採用活動を行う際に、採用側と応募者側での見解の相違から トラブルになるケースが続発しています。 これを受けて、ハローワークから 「固定残業代」の記載方法について案内が出ています…

残業の理由

最近、何かと話題の「部活動」に関してですが、 部活動への対応が主な原因で発生した新人教員の長時間労働に 関する記事がありました。 headlines.yahoo.co.jp 今年4月に新たに着任した名古屋市立中学校の新任教諭の「残業時間」 が、月平均で100時間に…

平成28年人事院勧告

本日は、本年度の人事院勧告の内容をご紹介しましょう。 人事院HPより。 平成28年人事院勧告 恥ずかしながら、私自身、人事院勧告をしっかり読むのは今回が初めてです。 国家公務員としての勤務経験もあるのに…まったく意識しておりませんでした。 現在の仕…

人材の引き留め策

大学卒業3年以内に退職する率が3割と言われて久しいですが、 一般企業でも学校でもこの傾向は変わらないと思います。 ただ、「退職するのは仕方ない」と割り切ってしまうのは危険です。 採用が難化している今では、 「退職補充」が予定通りにいく保証はあり…

最低賃金の動向について

まずは本日、弊社主催「夏季特別セミナー」開催日です。 www.ysmc.co.jp お申込みを頂いている皆様方、くれぐれも暑さと足元にご留意いただき、 「真夏の学び」にお越しいただければ幸いに存じます。 さてここ数年一定の上げ幅を記録している「最低賃金」で…

改正 育児介護休業法について

政府は今、育児や介護分野の制度改正に力を入れています。 そのような中、平成29年1月1日から、育児介護休業法が改正されます。 介護分野については、突然該当者になる可能性があります。 つまり、経営サイドにとっても従業員(教職員)が急に 本制度の適用…

ワークライフバランス実現への道は険しい?

近年、ワークライフバランスの重要性については 皆さんよく耳にされていることと思います。 また、ワークライフバランスの実現に向け、企業や団体では 様々な取り組みが行われており、それぞれの事例がメディア等で 取り上げられることもあります。 そもそも…

厚生労働省における女性公務員の残業時間について

最近の労働行政の中心は「残業抑制」と「メンタルヘルス」になっていますが、 それらを監督・指導する側の厚生労働省の方々の労働時間は どうなっているのかと考えたことはありませんか? 実は、先日ある資料が公表されました。 www.mhlw.go.jp この資料によ…

ハローワークにおける求人票の記載内容と実際の労働条件の相違に係る申出等の件数

ハローワークから考えさせられる資料が公開されましたので お知らせいたします。 www.mhlw.go.jp この資料によると、総数はなんと10,937件にもなります。 その中で上位は、 ●賃金に関すること 2,654件 (24%) ●就業時間に関すること 2,128件 (19%) ●仕事…

「ニヤリホット」の考え方から見えるもの

本日のタイトル、「ニヤリホット」とは東京の有料老人ホームでの 取り組みの内容です。 www.seikatsu-kagaku.co.jp 普段から入居者と接していて、「ニヤリ」とした出来事であったり 「ホッと」した出来事を、スタッフで共有したり、ケアプランに反映したり …

第2回学校経営セミナーふりかえり

先週末、今年度第2回目となる弊社主催の2016年度学校経営セミナーを 開催いたしました。 当日は生憎の雨模様ではありましたが、 梨本先生の明るく優しく力強いお話しと 受講生の皆さまの熱気で会場は大いに盛り上がりました。 ◆テーマ:「人材育成」。 ◆タイ…

保育士の明と暗

先日、少し気になる記事を見ました。 「私立保育園で1年間に30人の保育士退職」というものです。 http://mainichi.jp/articles/20160610/ddl/k40/100/467000c 報道によると ・太宰府市の私立保育園に県と市が立ち入り検査 ・2015年度に合計30人の保育士が退…

勤務間インターバル制度

新聞やテレビで「過労死」のニュースが毎年報じられていますが、 このような事例があるのをご存知でしょうか? 少し前の記事になりますが、 「退勤8分後に出勤」という記事が掲載されていました。 www.kobe-np.co.jp この記事によると、この男性社員は 神戸…

みんなでシエスタ?

ランチを済ませて満腹になり、 「さて、午後からも頑張るか」と仕事に取り掛かったものの どうにも眠たくて仕方がない… なんてご経験はないでしょうか。 構わずに寝てしまうなんてことは当然できませんので 、必死に睡魔と格闘しながら仕事を進めてみるもの…

学校現場における業務の適正化に向けて

先日の新聞各紙にも採り上げられたこの話題を本日はお届けしましょう。 文部科学省HPより。 学校現場における業務の適正化に向けて:文部科学省 あれ?そんなニュースあったっけ? と思われる方もいらっしゃると思いますが、新聞各紙ではこんなタイトルで、…

介護の問題は、実は身近にある

先日、社内で「介護離職予防」についての研修を受けました。 身内に介護対象者がいないとなかなか実感がわかないテーマですが その研修をうけて、今日は介護について書いてみたいと思います。 一見すると、学校現場と介護はあまり関係のないように思われるか…

2016年度学校経営セミナー(第1回)の振り返り

先週末、今年度第1回目となる弊社主催の2016年度学校経営セミナーを開催しました。6月の開催ということで雨の心配をしておりましたが、晴天で風の心地よい一日でした。 <2016年度学校経営セミナー 第1回> ◆テーマ:「意識改革」◆タイトル:「人を生かす…

高校生のアルバイトに潜む危険性

まずは先週末の弊社セミナーにお越しいただいた皆様方、 ご参加誠にありがとうございました。 おかげさまで当日は大変盛り上がり、素晴らしい学びの場になりました。 この場を借りて改めて御礼申し上げます。 当日の様子は追ってこのブログでもご報告させて…

労働保険の年度更新の時期が来ました

早いもので6月の年度更新の時期になりましたね。 1年に1回のことですが、毎年細かな修正があり すんなりと完了とはいかない業務の1つですね。 その関係から、業務がひと段落したら 「今年業務量が多く時間を取られたので、来年に向けて改善策を考えよう…

校長といえども言ってはいけない言葉

以前に、「落ち込んだ時に言われてうれしかった言葉」という 内容で記事を書きましたが、 今回は、逆で「いくら役職者でも言ってはいけない言葉」という テーマで書いてみます。 これもマイナビの統計ですが (統計は一般企業を対象にしていますので、「上司…

平成28年度新入社員のタイプ

日本生産性本部が毎年行っている「新入社員の意識調査」から その年の「新入社員の特徴とタイプ」が発表されました。 www.jpc-net.jp 平成28年度は「ドローン型」だそうです。 強い風(就職活動日程や経済状況などのめまぐるしい変化)にあおられたが、なん…

通勤時間の落とし穴

大卒新人が「3年以内に3割が離職する」と言われて久しいですが、 校長や教頭の皆さんは、新人だけに限らず退職者に理由を聞いていますか? もちろん、「一身上の都合」というものが多いでしょう。 しかし、その裏にある「隠された理由」を探る努力をしてみ…

先生にも「ノー残業デイ」の動き

1年前の話になりますが、横浜市の教育委員会が保護者に向けて ある手紙を出しました。 その内容は ・教職員は忙しい(勤務データ開示) ・学校に閉庁日や定時退勤日(午後5時)を設ける ことに理解を求めたものです。 mainichi.jp 簡単に言えば「ノー残業デ…

落ち込んだ時に言われてうれしい言葉

20代の若手だけでなく、誰しも仕事上で失敗をしたりするものです。 失敗して落ち込んでいるときに、まわり(特に校長や教頭などの上役)から 言われてうれしかった言葉はありませんか? 自分自身が20代だった頃を思い出してみて・・・ (厳しく育てられ…

大学生就職意識調査

マイナビが毎年行っている就職意識調査のデータが発表になりました。 2017年3月卒業予定者の意識調査から いくつか気になる情報をピックアップします。 ●何が何でも就職したいという希望者は9割 就職希望度としては例年並みで、文系理系での差はあまり…

GWが始まる前に気を付けておきたいこと

もうそろそろGWが近づいてきて、プライベートの予定を立てている方も 多いのではないでしょうか? しかし、プライベートの予定と同じくらい大事なことがあります。 それは、新人に気をつける季節がやってきたということです。 と言いますのも、「5月病」と…

今週の新聞記事より

週末があっという間にやってきます。 被災地の皆さんに思いを致しながら…今週(と先週分を少しだけ)の新聞記事で私がチェックしたものをお伝えします。 前回試しにやってみたところ、結構ご好評を頂いた?ので、恒例化しようかと思案中です。 まずは保育所…

同じようなミスを続ける人には

新人だけでなく、3年目の若手でもおなじようなミスを繰り返す方は、まわりにいらっしゃいませんか? 指示(お願い)している方にとっては、何とかしてほしいと考えていることでしょう。 そこで、3年目の若手を想定してもらいどのように対応したらいいか、 考…

ストレスをためない部下への指示の仕方

新人が配属されて、仕事のやり方を教えている最中だと思いますが、 上司・先輩としてうまく指示できていますか? もしかしたら、このような指示をしてしまった経験はあるのではないでしょうか? あなた:「ちょっとA君、いいかな? 次の会議に提出したい資料…

労働保険に関する情報

年度が新しくなり、労務関係の手続もいろいろと出ていることと思います。 そんなご担当者さんに、本日は簡単に労働保険に関する情報のおさらいを。 厚生労働省HPからです。 まずは毎年6月にやってくる年度更新手続を中心に、様式のご案内です。 労働保険関係…

労働統計要覧(平成27年度)

本日は労働統計をひとまとめにしたサイトをご紹介しましょう。 厚生労働省HPより。 労働統計要覧|厚生労働省 まずは、「主要労働経済指標の推移(グラフ)」と題されたグラフを見てみましょう。 ここ数年のトレンドをつかむことができます。 所定外労働時間…

サービス残業20万人超 厚労省が是正指導

個人的にライフワークの一つだと思っている、残業抑制。 その意味では残念な記事が出てしまいました。 日本経済新聞より。 サービス残業20万人超 厚労省が是正指導、計142億円 :日本経済新聞 (全文読むには会員登録が必要です。ご容赦ください) 「サービ…

心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書

本日は簡単な情報提供を。 厚生労働省HPからです。 心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書|厚生労働省 名称でお分かりの通り、ストレスチェック関連の様式です。 ストレスチェックの制度等についてもリンクを貼っておきましょう。 ストレスチ…

教職員団体への加入状況

本日は文部科学省HPより。 平成27年度 教職員団体への加入状況に関する調査結果について:文部科学省 教職員団体といえば日教組が有名ですが、これに限らず、労働組合そのものの組織率が下がってきているようです。 本件調査の対象は公立校勤務の全常勤教職…

36協定の締結当事者となる過半数代表者の適正な選出を

今日はこんな情報提供を。厚生労働省からの発信です。 36協定の締結当事者となる過半数代表者の適正な選出を! 三六協定、御校でも締結されていることと思います。 (もし締結されていなければ、ぜひこの機会にお願いします。) すでにご承知のことと思いま…

人口動態調査・賃金構造基本統計調査

本日は、たびたびご紹介している厚労省の統計2件についての最新情報です。 まずは人口動態から。 人口動態調査 結果の概要|厚生労働省 今回ご紹介するのは、人口動態調査の結果がずらっと並んだ、いわゆる「目次」ページです。つまり、ここにアクセスすれば…

働かない働きアリ 集団存続に必要

昨日に続いて、学校と直接的な関連はないのですが、とっても興味深い記事を見つけましたのでお届けします。 毎日新聞より。 働かない働きアリ:集団存続に必要 働きアリだけは滅びる - 毎日新聞 冒頭、このように書かれています。 コロニー(集団)の中に必…

直近の雇用関係指標

本日は雇用統計をご紹介。 厚生労働省HPより。 直近の雇用関係指標|厚生労働省 掲載情報を目次的に掲載しておきましょう。 【求人・求職 関連】 ・有効求人数、新規求人数、就職件数 ・有効求職者数・新規求職者数 【職業ミスマッチ関連】 ・有効求人数 ・…

毎月勤労統計調査 平成27年分結果速報

本日は勤労統計をご紹介します。 厚労省HPより。 毎月勤労統計調査 平成27年分結果速報|厚生労働省 細かい数値を追いかける必要はないと思いますが、大きなトレンドは押さえておいて損はないでしょう。 「概況」と題した資料をご覧いただくとそのあたりは理…

ストレスチェック制度関係 Q&A

本日は新制度に関する情報提供です。 厚生労働省HPより。 ストレスチェック制度関係 Q&A 各校でも準備が進んでいることと思いますが、このQ&Aは制度のおさらい、そして細かな運用上の疑問点解消に役立つことと思います。 いくつか抜粋してみましょう(下…

チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について

本日は中教審の答申をご紹介します。 以前から、このブログでも注目していた「チームとしての学校」に関するものです。 文科省HPより。 チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について(答申)(中教審第185号):文部科学省 資料としては「答申本体」…