寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

国家公務員 兼業容認へ

先日の日本経済新聞に掲載されたニュースです。 www.nikkei.com 記事の冒頭にはこうあります。 政府は国家公務員の兼業を正式に認める調整に入った。兼業をほとんど認めてこなかった従来方針を改め、NPO法人や非政府組織(NGO)などの「公益的活動」を…

24時間いつでも利用可能、電子図書館

神戸市が楽天の「電子図書館サービス」を6月22日から試験導入することが発表されました。 resemom.jp 記事によりますと、サービス開始時に貸出可能な電子図書は、 石田衣良の小説や池上彰の解説本、飛田和緒の料理本など、実用書約1,000冊。 著作権の切れた…

AI時代 教育あり方見直し

先日の朝日新聞に、小さいながらもこんな記事が掲載されていました。 「AI時代 教育あり方見直し」 文部科学省は、小中校生たちの学習状況や成果をデータ化して蓄積し、一人一人の特徴に合う「学びの個別化」の研究開発に乗り出す。学年が異なるグループによ…

講師もバーチャルの時代!?教育分野にも広がるバーチャルYou Tuber

ポケモンGOやSNOWといったモバイル端末アプリに代表されるAR(拡張現実)や、VR(仮想現実)は教育現場にも大きな影響を与える存在になっており、良くも悪くも携帯端末が手放せなくなりそうな時代になりつつありますね。 近年では、なりたい職業ランキングに…

働き方改革、参議院審議入り

今国会の最重要課題とされる「働き方改革関連法案」が6月4日に参議院本会議で審議入りしましたね。 先月31日に衆議院を通過した働き方改革関連法案ですが、 高度プロフェッショナル制度や、残業時間の罰則付き上限規制、 正規・非正規労働者の不合理な待遇差…

Society5.0に向けた人材育成

Society5.0、ですって。 ご存知でしたか。 文部科学省から、こんな情報発信がなされています。 Society5.0に向けた人材育成に係る大臣懇談会:文部科学省 そもそもSociety5.0とは何ぞや、という点については 内閣府HPに記載があります。 Society 5.0とはサイ…

非科学的”スポ根”はもう古い?運動部活動イノベーション

スポーツ庁より平成30年3月19日に公表された 「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」の中では、 運動部活動の見直しが迫られていましたが、ここにきて少しずつではありますが各自治体での動きが出てきましたね。 市区町村レベルでは、スポーツ…

セミナーをふりかえって

先週金曜日、弊社主催の学校経営セミナーを開催いたしました。 本年度のものとしては3回目の開催でしたが、 梅雨入り直後ということもあってか、参加者数は過去2回に満たず、 こじんまりとしたセミナーになりました。 講師を務める私としては、このくらい…

平成30年度の司法試験、今年も予備試験合格者がトップ

毎年、この時期になると司法試験における短答式試験の結果が発表されます。 法務省は平成30年6月7日、平成30年司法試験における短答式試験の結果を発表しました。 平成30年短答式試験結果 この結果を見ると、予備試験合格者は受験者433名に対し、合格者431…

「学校閉庁日」、「夏休み短縮」など長時間労働の是正に向けた取組み

まずは本日、弊社主催セミナー開催日となっております。 www.ysmc.co.jp お越しいただく皆様、どうかお気をつけてお運びください。 昼くらいからは雨の予報なのですが、 最寄駅から会場までは傘なしでもアクセスできますのでご安心を。 さて本題です。 2020…

幼児理解に基づいた評価

分かるようで、よく分からない。 「幼児理解に基づいた評価」というフレーズを聞いての最初の感想です。 文科省の審議会で現在審議が進められているのが この幼児理解に基づいた評価です。 幼児理解に基づいた評価に関する検討会:文部科学省 昨年の11月末か…

社会的課題に対応するための学校給食の活用事業について

文部科学省では、食品ロスの削減、地産地消の推進及び食文化の継承といった我が国の食をめぐる諸課題に取り組んでいます。 その事業のひとつである、学校給食の活用事業について面白い取り組みがなされていたのでご紹介します。 文部科学省に記載されている…

小中一貫教育

文科省HPに、こんなページができておりました。 平成29年度「小中一貫教育推進事業」:文部科学省 リード文を読んでみましょう。 本事業は、小中一貫教育の推進に資する効果的な取組の普及を図るため、都道府県教育委員会の積極的な指導助言を受けつつ、学校…

男性の育児休暇取得率、過去最高を記録

厚生労働省は5月30日に「平成29年度雇用均等基本調査(速報版)」の結果を公表しました。 この調査は民営の事業所6,160事業所を対象とした調査となっておりますので、学校を対象とした調査ではないことをご承知おきください。 resemom.jp 記事によりますと、…

学校経営情報2018年6月号発行のお知らせ

爽やかな気候で6月がスタートしましたが、いよいよ梅雨がやってきますね。 ジメジメとしたこの季節には 傘をさすことが嫌で家を出るのも憂鬱になってしまうのです… 梅雨が長くならないことを祈りながら、 少しでもみなさんのお役に立つことができるよう、 今…

少子化・人口減少社会に対応した活力ある学校教育推進事業

日本社会における人口減という現象。 これは簡単に止めることができません。 学校において人口減は現状の市場を縮小させ、失わせる危険性の高い、 非常に重大な事象です。 そのような中、このたび文科省HPで、興味深い記事が掲載されました。 平成29年度「少…

帰国生徒や在京外国人向け入試

生徒募集の観点で、帰国生徒や在京外国人生徒を対象とした都立高校の入試情報が東京都教育委員会より公表されました。 resemom.jp 記事を引用します。 9月入学生徒募集(海外帰国生徒・在京外国人生徒対象)を行う都立高校は9校。 三田、竹早、日野台は海外…

必要な人材を確保するために

来月開催予定のセミナーの準備をしていて、 興味深い統計を発見しました。 厚労省がまとめている、「職業別有効求人倍率」というものです。 字が小さくて申し訳ないのですが、 一番上の行に「職業計」が掲載されています。 直近の有効求人倍率が「1.37倍」で…

アクティブラーニングの今、討論型の教育とは

学習指導要領改訂により、2018年度は幼稚園では全面実施に、小・中学校では移行期間に、高校では周知・徹底期間に入りました。 教育関係者の皆さまには周知の情報であると思いますが、 文部科学省公表の改訂に関するスケジュールを転記致します。 検討が始ま…

3年ぶりのV字回復、国内タブレット端末出荷概況

2017年度通期(2017年4月~2018年3月)の国内タブレット端末出荷台数は 前年度比3.4%増の870万台で3年ぶりの増加に転じたことが、 MM総研が5月22日に発表した調査結果により明らかになりました。 www.m2ri.jp 調査結果を引用します。 ■ 2017年度通期タブ…

知って役立つ労働法

知ってるようで、よく知らない。 労働法はそんな存在かもしれません。 労働法、という名前の法律があるわけではなく、 いくつかの法律が複合的に「働くことのきまり」を定めていることもあって、 全貌がつかみにくかったり、規程が細かかったり… 私も受験時…

平成30年度夏期文部科学省インターンシップの実施について

皆さんは夏休みの思い出といえば何でしょうか。 海?山?海外旅行などさまざまな経験が思い浮かびますよね。 子どもたちにとっても楽しみな夏休み、 その夏休みを有意義なものとするために、 文部科学省のインターンシップ参加はいかがでしょうか。 平成30年…

3割が英語授業増を先取り

教育指導要領が新しくなるのを前に、 公立小学校ではすでに英語の授業が増えているようです。 日本経済新聞より。 www.nikkei.com 予定されている変更点は記事がまとめてくれていますので そちらを引用させていただきます。 次期指導要領では外国語活動を3…

2018年度「学校情報化優良校」21校が決定!

日本教育工学協会(JAET)では、 2018年5月14日までに、つくば市立沼崎小学校など22校を 「2018年度学校情報化優良校」として認定しました。 そもそも、学校情報化優良校とは? 日本教育工学協会のホームページには、学校情報化認定について以下のように記載…

日本人の海外留学状況、ホントのところ

中高生・社会人の留学者数が過去最高、 これは5月8日、株式会社留学ジャーナルが公表した 『留学白書2018』によって明らかになりました。 resemom.jp 記事によりますと、 全国5か所の留学ジャーナルカウンセリングセンターに 個別留学相談をした者のデータを…

セミナーをふりかえって

昨日は弊社主催・学校経営セミナーの開催日でした。 2018年度の2回目は、 今やその言葉を聞かぬ日はないであろう、 「働き方改革」がテーマでした。 開催日が5月中旬という、学校法人さんにとっては 決算理事会を控えた超多忙な時期であったこともあり、 キ…

自己肯定感は上昇中!「高校生の心と体の健康に関する意識調査報告書」

独立行政法人国立青少年教育振興機構では、 高校生の心と体の健康の実態を把握するための調査を実施しています。 この調査は日本だけではなく、米国・中国・韓国との国際比較となっています。 「高校生の心と体の健康に関する意識調査報告書」 2017年の自己…

施設の長寿命化に向けた基本的な考え方の整理

学校法人にとっての課題の一つ、「施設整備」。 初期投資はもちろん、ランニングコストも含めると その必要額は莫大です。 このたび、文科省では施設の長寿命化に関する基本的な考え方をまとめたそうです。 本日はこちらを見ていきましょう。 「国立大学法人…

弊社主催セミナーの開催のご案内

今年ももう5月…もうすぐで半年過ぎてしまうんですね。 年齢を重ねるとともに時間の流れを早く感じていますが、それにしてもあまりにも早すぎるな・・・、というのが本音です。 充実した毎日を過ごせているということなのか、何かに追われているような毎日を過ご…

自宅が9割以上!「小中学生の“遊び”に関する意識調査」

5月の大型連休も過ぎると連休中の夜更かしや昼寝で 生活習慣が乱れた子どもも多いのではないでしょうか。 今週は特に「五月病」や体調不良に注意して過ごしてほしいですね。 さて、本日はそんな子どもの“遊び”に関する意識調査がバンダイより発表されました…