読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝ても覚めても学校のこと。~学校経営の経営課題(人事・財務・募集・施設などなど)について考えるブログ~

大阪の学校経営コンサル会社/株式会社ワイズコンサルティングが、学校経営に関する情報を収集し発信するブログです。

高卒予定者と教員養成大学の就職率について

そろそろ年度末。 進学率や就職率が気になる時期ですね。 というわけで、本日は就職率の話題をお届けします。 まずは高卒予定者の内定状況について、文科省HPより。 平成29年3月高等学校卒業予定者の就職内定状況(平成28年12月末現在)に関する調査について…

寝る子は育つ!

夜の9時前後、大手の有名進学塾が集まる駅周辺で、塾帰りと思われる小学生達を見かけることがよくあります。朝から学校に行った後にも関わらずこんな遅い時間まで塾で勉強するなんて凄いなあと思いつつ、この小学生達は毎晩何時に寝ているのだろうと疑問に思…

パワハラが起こりやすい職場の特徴

パワハラ、セクハラ、モラハラ、アカハラ、マタハラ・・・ 最近は〇〇ハラスメントという言葉を聞かない日がないくらい、ハラスメントという言葉が一般的に使われるようになりましたね。 ハラスメントとは直訳で「人を困らせること」という意味です。もちろんそ…

時間割の工夫

先日、新しい学習指導要領が発表されましたね。 新聞紙面でも大々的に採り上げられていて、少々面食らったところもあるのですが、学歴のみならず教育内容そのものへの関心というのはそれなりに高いということなのでしょうか。 さて本日は、教育内容を実現す…

授業参観の目的

私には中学生の長女と小学生の長男がいますが、親にとって自分の子どもが学校でどのように過ごしているのかを自分の目で見ることができる絶好の機会が授業参観です。 私はこれまで可能な限り我が子の授業参観には行くようにしているのですが、毎回、一部の保…

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関するガイドライン

長時間労働や残業過多はどの業界でも大きな問題になっています。 学校は特にそうだとも感じるのですが、他業界と比べて「労働時間」の概念が希薄であり、その議論が進展しているふうには見えません。 そこで、本日は厚生労働省から出されている「労働時間の…

魅力アップで生き残り

急速な少子化により公立高校の統廃合が進み、学校数はピークだった1987年の4191校から、2016年では3589校となっているようです。 昨今は都市部においても公立高校の統廃合は珍しいことではなくなりましたが、それでも都市部にはまだまだ多くの高校があり、生…

2017年度学校経営セミナーのご案内

弊社では2017年度も学校経営セミナーを開催いたします。 弊社ホームページに開催セミナーの一覧を掲載しており、画面から参加のお申込みも可能ですので、是非ともご覧いただければ幸いです。 www.ysmc.co.jp 2017年度の学校経営セミナーは『「ひと」を活かし…

学校図書館の整備充実

御校の学校図書館、活用されていますでしょうか。 先日もある公立校の学校図書館を視察させていただいたのですが、蔵書の豊かさとともに、陳列や配置の工夫、そして目を引くPOP等、図書館司書の頑張りが伝わってくるような素敵な図書館でした。 このように、…

保育士の残業事情

昨今、待機児童問題が大きな話題となっており、解消への道のりは険しいようですが、その原因の一つとして保育士の不足が挙げられています。 保育士の不足の裏には過酷な労働環境があるとも言われますが、実態はどうなのでしょうか。 保育士や幼稚園教諭の人…

第3期教育振興基本計画策定に向けた基本的な考え方」に関するパブリックコメント(意見公募手続)の実施について

長い題名の記事で、すみません。 今日はパブコメのご紹介です。 文部科学省HPより。 「第3期教育振興基本計画策定に向けた基本的な考え方」に関するパブリックコメント(意見公募手続)の実施について:文部科学省 まずは、本件に関する趣旨を転載します。 …

進路指導が難しい理由

高校生やその保護者にとって大きな関心事のひとつに将来の進路が挙げられるでしょう。教職員の方々も生徒の進路指導には大変なご苦労をされていることと思います。 これまでの常識や考え方が通用しない時代を迎えている中での進路指導は特に大変なものでしょ…

強豪校の部活事情

学校の部活動の在り方に関しては当ブログで過去に何度も取り上げていますが、生徒への過度な負担の軽減や教員の方々の長時間労働の是正といった観点から、やはり早急に見直しを検討する必要があると思います。 これは、一般的な学校の部活動に限らず、全国大…

情報活用能力調査(高等学校)の結果について

本日の記事、調査自体はずいぶん以前になされたものなのですが、ちょっと興味があったのでブログのネタにしてみました。 文部科学省HPより。 情報活用能力調査(高等学校)の結果について:文部科学省 今時の高校生の情報活用能力はどのくらいなのか。 「調…

学校経営情報2017年2月号発行のお知らせ

本日より2月が始まりました。 早いもので今年も残り11か月となりましたね・・・ と、世間の多くのおじさん達(私を含む)がこの時期よく口にするフレーズがついつい出てしまうほど、1月はあっという間に過ぎ去っていったような気がします。 でも、忙しい毎日…

生活発表会に思うこと

新年が明けて早ひと月が経ちます。 あちこちの幼稚園、保育園では生活発表会が行われていますね。 調べてみたものの、生活発表会の正式な定義は見当たらなかったので、Wikipediaにお世話になります。 生活発表会(せいかつはっぴょうかい)とは、就学前教育…

出前授業でいじめ撲滅

学校は多くの子ども達が集まる場所ですので、学校種や学年を問わず多少のトラブルは必ず起こると思いますが、残念ながらいじめの発生は後を絶たず、認知件数は増加傾向にあるようです。その結果、自ら命を絶ってしまう痛ましい事件も数多く起こっています。 …

ネットの危険から子どもを守るためには?

スマートフォンの普及に伴い、インターネットは非常に身近なものとなり、日常生活における利便性は飛躍的に向上しました。 青少年のスマートフォン利用も今や当たり前の光景となっており、内閣府の調査によると、平成27年度のスマートフォン利用率は中学生が…

給付型奨学金制度の設計について

今週初めのブログでもお伝えしましたが、昨今「子どもの貧困」が社会問題となっています。 幸いなことに、私学ではそのようなケースは公立校に比べると少ないとは思います。 ただ、子どもたちに教育を受ける権利があり、それを本当の意味で保証するためには…

よくある不祥事の話

統計を取ったわけではないので実際の発生頻度はわかりませんし、 何となく印象に残っているだけなのかも知れませんが、 「教員が生徒の個人情報を保存したUSBを紛失!」 という報道を聞くことが多いなあ・・・と以前より思っていました。 しかし、このような記…

日本私立学校振興・共済事業団にかかる管理積立金の管理及び運用の状況についての評価の結果

本日のブログ、題名が長くてすみません。 文部科学省HPからの情報なのですが、内容はいわゆる私学事業団の資産運用結果の報告です。 日本私立学校振興・共済事業団にかかる管理積立金の管理及び運用の状況についての評価の結果:文部科学省 自校教職員の退職…

子供の未来応援チーム結成

「子供の貧困」という言葉を最近よく耳にします。 内閣府の「平成27年版 子ども・若者白書」によると、子供の 相対的貧困率は1990年代半ば頃からおおむね上昇傾向にあり、 2012年には16.3%となっているとのことです。また、就学援助率は、 この10年間で上昇…

教員の長時間労働問題

昨今、長時間労働に関してクローズアップされていることは、 みなさんご存知のとおりかと思います。 長時間労働による過労死、過労自殺、精神疾患等、多くの痛ましい 事故や事件の発生が後を絶たないことを受け、各方面で過重労働の 取り組みがおこなわれて…

学校保健統計調査-平成28年度(速報)の結果の概要

寒い日が続きますが、お風邪など召されていませんでしょうか。 受験生にとってはもちろん、学校教職員の皆さんも大切な時期ですので、くれぐれもご自愛くださいますように。 とまあ、何をするにも元気が一番、です。 本日は子どもたちの健康状態に関する調査…

受験当日のヒヤリハット集

いよいよ受験シーズンの到来です。 受験生のみなさんには日頃の努力の成果を存分に発揮してもらい しっかりと合格を掴み取っていただきたいものです。 そのためにもリラックスした状態で試験に臨んでいただきたいの ですが、予期せぬトラブルが起こることも…

平成28年度私立高等学校等授業料等の調査結果について

値決めは経営、と語ったのは稲盛和夫氏。 京セラフィロソフィとしても有名なこの言葉ですが、私学の場合、値決めの自由度は一般企業に比べると低いのが一般的。 それでも、授業料や入学金の単価設定は経営の根幹をなす、重要なものであることに変わりはあり…

親に勉強を教わりたくない?

株式会社すららネットが「小中高生の勉強に関する意識調査2016」を 発表しました。 勉強を「楽しい」と思っている小中高生は半数以上! 小中高生の「勉強」に関する意識調査結果をプレスリリースしました。 | 【公式】インターネット学習教材『すらら』 以下…

平成28年労働組合基礎調査の概況

本日は労働組合に関する調査結果をお届けします。 厚生労働省HPより。 平成28年労働組合基礎調査の概況|厚生労働省 ざっとひとつかみしたい方は「報道発表資料」をご覧いただくのが早いと思います。 もう少し詳しく、という方は以下の「結果の概要」をご覧…

21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児)

2016年12月に文部科学省が「21世紀出生児横断調査」の結果を 発表しました。 本日はこの調査結果の一部をご紹介いたします。 21世紀出生児縦断調査(平成13年出生児):文部科学省 まずは、調査の概要を見てみましょう。 <調査の目的> 21世紀の初年に出生…

「学校事故対応に関する指針」に基づく適切な事故対応の推進について

学校が最も気を遣うこと、それは「安全」ではないでしょうか。 校内外を問わず、学校における各種活動においては安全面への留意が欠かせません。 特に昨今は保護者をはじめ周囲からの安全に対する要請も強烈なものがありますので、そこまでしなくても…という…

公立学校教職員の人事行政状況調査より

先日、文部科学省が「平成27年度公立学校教職員の人事行政状況調査」の 結果を公表いたしました。 平成27年度公立学校教職員の人事行政状況調査について:文部科学省 調査の目的、対象、期間は以下のとおりです。 (調査目的) 教職員の人事管理に資するため…

平成29年度 文部科学省税制改正の概要

皆様、新年あけましておめでとうございます。 学校はまだ始まってはいないかもしれませんが、ご出勤されている方もたくさんいらっしゃることでしょう。 年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。 束の間とは言え、日常から少し離れて頭と心と身体をリフレ…

学校経営情報2017年1月号発行のお知らせ

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、弊社の学校経営情報2017年1月号を発行いたしましたので、 是非ご一読いただければと思います。 データはホームページよりダウンロードできるようになっております。 www…

学校・部活動における重大事故・事件から学ぶ研修会

部活動での過度な指導による事故・事件が後を絶ちません。 このようなニュースに触れるたびに、なぜ過去の反省や教訓が 活かされないのかと疑問に思います。 時間の経過とともに事故・事件の記憶が薄れてしまうのか、 それとも、そもそも他人事程度の認識と…

事前分析表

本日のタイトル、何のことかお分かりになりますでしょうか。 実はこれ、国の行政機関に義務付けられているものなんです。 文科省HPにはこの「事前分析表」に関して、こんな説明がなされています。 国の行政機関は、施策レベルの政策について、目的、指標及び…

中学校の部活動に関する調査結果

スポーツ庁は12月15日に「平成28年度全国体力・運動能力等調査結果」を 公表しました。 本日は、その中から、中学校の部活動に関する調査結果をご紹介します。 平成28年度全国体力・運動能力等調査結果:スポーツ庁 まず、「学校の決まりとして、部活動にお…

政府「同一賃金」へ指針

同一労働同一賃金のガイドライン案が発表されました。 昨日の朝刊は各紙1面でこの話題を扱っているようです。 政府「同一賃金」へ指針 非正規の格差是正促す :日本経済新聞 経営側、負担増を懸念 同一労働同一賃金、賞与に影響大:朝日新聞デジタル 同一労…

倒産に関するデータ②(教育関連業者編)

先日、当ブログで人手不足倒産に関する話題を取り上げましたが、 本日は教育関連業者の倒産動向に関する話題です。 (暗い話ばかりで申し訳ありません・・・) www.tdb.co.jp https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p161203.pdf 帝国データバンク…

大学における教育内容等の改革状況について

最近、大学をめぐるいろいろな動きがニュースになっています。 大学の動きは、近い将来の中高の動きにつながりますので、ぜひチェックしておきましょう。 今日は教育改革の状況についての統計です。 文科省HPより。 大学における教育内容等の改革状況につい…

睡育

「睡育」をご存知でしょうか? 私は先日初めてこの言葉を知りました。 読んで字のごとく、「睡眠に関する教育」のことなのですが、 本日はこの「睡育」についてご紹介します。 headlines.yahoo.co.jp まずは、記事をご紹介します。 スマートフォンの普及など…

倒産に関するデータ①(人手不足倒産編)

東京商工リサーチが毎月の企業倒産件数を公表しており、 毎週月曜日の日本経済新聞の景気指標面には、その数値が 掲載されています。 現在、日本の景気は緩やかな回復基調にあり、以下のとおり 年度を追うごとに企業倒産件数は減少傾向にあります。 2013年度…

教育公務員特例法等の一部を改正する法律の公布について

本日は、以前もこのブログでお伝えした表題の件について。 文科省に情報がアップされました。 教育公務員特例法等の一部を改正する法律の公布について(通知):文部科学省 この法律、先月(2016年11月)末に公布(ただし施行は来年(2017年)4月です)となり…

自転車のヒヤリハット

自転車は非常に便利な乗り物である反面、 免許は不要である上に、交通ルールもあってないようなものと 感じますので、様々な危険をはらんでいるとも言えます。 実際に自転車に関する事故は多く発生していますし、 危険な運転を目にすることも多いのではない…

賃金引上げ等の実態に関する調査

本日は賃金統計のご紹介です。 厚生労働省HPより。 平成28年賃金引上げ等の実態に関する調査の概況|厚生労働省 以下、結果の概要の中から、主なものをまとめました。 平成28年中における賃金の改定の実施状況(9~12月予定を含む。)<全企業> ・「1人平…

上司の方、ご注意下さい・・・

人間関係においてコミュニケーションは欠かすことができません。 職場においても、当然欠かすことができません。 コミュニケーションという言葉は「意思の疎通や心の通い合い」 といった意味で使われていますが、一方的な意思の伝達ではなく、 心の通い合い…

入試改革「既に実施」3割

先日の日本経済新聞に、こんな表題の記事が掲載されていました。 学長アンケート(上)入試改革「既に実施」3割 民間試験も活用 自宅でAO受験 :日本経済新聞 (会員限定記事となっております。ご了承ください) このアンケートの対象は有力大学の理事長…

睡眠不足=ほろ酔い状態

学校においては、教員の方々の長時間労働が昨今大きな問題となっており、 抜本的な解消に向けた取り組みは待ったなしの状態です。 固定概念を捨ててでも、環境を改善することは急務と言えるでしょう。 慢性的な長時間労働に付きものなのが睡眠不足です。 当…

週休3日制が現実に

法律上原則として「1日8時間、1週間40時間」労働とされているのは ご承知の通りだと思います。 仮に1日8時間勤務とするなら、必然的に「週休2日」となりますね。 ただ、例外として「変形労働時間制」という制度を取り入れて うまく繁忙期には1日8時間以上の…

民間給与の実態

本日は、給与に関する統計をご紹介します。 人事院HPより。 平成28年職種別民間給与実態調査の結果 給与に関しては人事院もいろいろと調査をされていますが、HPにアクセスすることはそれほど多くないのではないでしょうか。 その意味でも、今回はいい機会…

残業の実態

先日、一般社団法人日本能率協会が 「ビジネスパーソン1000人調査」【仕事と健康編】を発表しました。 本日はこの調査結果の一部をご紹介いたします。 http://www.jma.or.jp/news_cms/upload/release/release20161012_f00414.pdf この調査は、2016年7月から8…